その施工マンションの管理規約や消防法に適合してますか?

原則、バルコニーは共用部分に当たりますのでタイルの施工は「置き敷き」となっています。
置き敷きとは?タイルユニットを固定せずにバルコニー土間へ置くだけの簡易施工です。
(タイル同士を連結はします)
概ねタイルユニットの厚みは30ミリ未満だと思います。
良くあるケースですが住戸内の床レベルと比べバルコニー土間が下がっている事があります。
見た目の事もあり、お客様より希望でバルコニー土間を持ち上げ室内と同じ床レベルにして欲しいと。
これ物理的には可能な施工ですが自治体の定める消防法に触れる懸念が多くあります。
バルコニーの土間を上げて施工しますと手摺の高さが実質低くなってしまいます。
手摺の高さは自治体で決められていますので著しく低くなってしまいますと違反になりますので
管理組合等に発覚しますとバルコニーは共用部分になりますので強制撤去となる事もあります。
折角お金を掛けて施工しても撤去させられる場合もありますので良くお考えの上発注してください。

自身で施工する場合「PL法」ご存知ですか?

バルコニータイルを施工したいが費用が折り合わずホームセンターやネット通販でタイルのみ購入して
ご自身で施工されるDIYが流行っています。
簡単に置き敷きですので端部の加工さえ我慢すれば誰にでも施工ができちゃうのがバルコニータイルです。
しかし屋外へ施工するものですので台風などの災害でタイルが飛散してバルコニーから落下する懸念があります。
万が一、施工したタイルが飛散して落下し下の人への損害や下の住居や自動車なのへの損害は全て施工した人へ
責任が付いてきます。
通常個人では損害保険へ加入する事はありませんから実費を全て施工したご自身が負う形になります。
安く施工したつもりが逆に高く付く事がありますので良くご検討の上発注してください。

発注先の会社は損害保険加入してますか?

ネット検索で業者を探しますと沢山の会社がヒットします。
さて相見積りを取りますと当然ですが価格は様々です。
もちろんサービス内容により価格の違いがありますので良く検討してください。
会社の社員やアルバイトが施工する場合には比較的安価ですが専門の会社(職人)やメーカー系の
会社(職人)への依頼は意外と高額になりがちです。
しかし専門の会社は施工基準もしっかりしており高層階での施工は安心できますし
何といっても仕上がりが綺麗です。
特に大判のタイルをカット施工する場合には専門会社がお勧めです。
良く検討してから発注しましょう。

高層階の施工基準を守っていますか?

高層階や湾岸ベイエリアなどは強風が吹きますので厳格な施工基準が必要です。
安易に施工しますと台風などでタイルがズレたり最悪は飛散する事があります。
バルコニータイルはキッチリ全面に施工しないとタイルの下面へ風が流入しやすくなり
飛散の懸念が高まります。
良く予算が無いのでリビングの前に部分施工を仰るケースがありますが非常に危険な施工になります。
こういった施工を簡単に受けるような会社は要注意です。

トップページへ造作家具バルコニータイル