エコカラットの機能性

エコカラットプラスは「エアクリーニングウォール」と呼ばれるくらいに、
お部屋中の空気を浄化してくれます。
主に目には見えないものですが有害物質と呼ばれているホルムアルデヒドなどやペット臭、
タバコの臭いなども吸収してくれる優れものです。
また湿度コントロールと言って湿度の高い時期には吸着し低い時期には吸着した湿気を排出してくれます。
これらの効果はエネルギーを必要としませんので半永久的に効果が持続します。
非常にありがたい機能です。

素材の種類が豊富で選びやすい点が有難い

エコカラットは303角平を筆頭にモザイク系など種類やカラーバリエーションが豊富で
インテリア性が高くデザインするのが楽しみになる事でしょう。
種類により価格も様々ですがエコカラット自体の厚みも異なる事から機能性の効果も違ってきます。
是非取扱店にて素材についても相談してみましょう。

期待する効果により施工面が異なります

エコカラットの効果は大きく分けて2通りあります。
1つは「機能性」、2つ目はインテリア性です。
機能性を重視するなら空気の対流が少ない部屋や北側などのお部屋に貼るのがお勧めです。
空気は動かないと水と同じで良くありません。
逆にリビングなど人の出入りが多い場所や換気扇にて強制的に空気の換気が
行われている場合にはフレッシュエアーが入ってきますので効果的には薄くなってしまいます。
インテリア性を重視する場合には全く逆になってきます。
折角のインテリアですから人の多く存在する部屋に貼らないと意味が無くなってしまいます。
リビングが重要で玄関など来客が多い場所もお勧めです。

プランナーと職人のノウハウで

エコカラットは内装用タイル素材になりますので施工するのに最適な職人は「タイル職人」になります。
素材の扱いや施工も上手で仕上がりも抜群です。
しかし残念な事に最安値を目指し始めると副業の職人さんに当たってしまう事もあります。
壁紙の職人さんやコーティングの職人さんが見よう見まねで施工しちゃうんです。
当然ですが副業の職人さんですので施工費が専業のタイル職人さんと比べると安いんです。
また職人だけでなくプランナーも大切です。
現場監理するプランナーさんからの指示で職人さんは動きます。
このセットで初めて良い施工が実現するんです。

施工するなら新築時が一番お得

エコカラット、オプション会で斡旋されるも予算不足で取り止めされる方も多くいらっしゃいます。
入居してから考えようと仰る方も少なくありません。
しかしマンションの構造体はコンクリートで覆われています。
このコンクリートは薬品で速乾されていますが完全硬化には約10年くらいかかります。
その間、少しづつ水分を放出しています。
また最近のマンションは高気密断熱ですので放出した水分が部屋内に充満しやすいので
エコカラットで吸収するのが大変有効なんです。
ですから施工するなら早い方がお得なんです。
10年後に施工しても良いのですが美味しい所が無くなってしまいますので
なるべくだったら新築時に施工する事をお勧めします。

造作家具バルコニータイル